世界中で使われている英語カリキュラム

GrapeSEEDは、世界中の子どもたちを対象にした英語学習カリキュラムで、現在、世界18か国で7万人以上の子どもたちに使われています。宮城明泉学園(幼稚園児&卒園生合わせ、児童約3000名への英語教育を実践中)の経験と、米国の児童英語教育に携わる言語学者、幼児教育者との共同作業によって開発されました。

日本語を話し始めた時と同じように英語を話そう

GrapeSEEDのレッスン風景

私たちは、日本語を勉強したから、日本語が話せるようになったわけではありません。毎日の生活の中で、日本語を聞き続け、家族に話しかけられ続けるうちに、いつの間にか、日本語を理解し、話すようになったのです。

GrapeSEEDのレッスン風景

GrapeSEEDは、母語を身につけたときと同じプロセスで第二言語としての英語を学べるように設計されたカリキュラムです。

がんばって勉強して覚えた言葉は、がんばらなければ話すことができません。けれども、母語の日本語を話せるようになったのと同じように英語を身につければ、自然に英語を使えるようになります。勉強から入らないので、間違いを恐れて話せなくなることはありません。

耳から入る英語脳の形成

幼い子どもはどんな言語も正確に聞き取れると言われています。GrapeSEEDは、この子どもの能力を生かし、大量の英語を「聞く」学習を優先させます。子どもは、音から英語を覚えることでリスニング力をつけ、正確な発音ができるようになっていきます。

日常生活に基づいた英語環境の提供

GrapeSEEDのレッスン風景

英語圏で暮らす一般的な人は、一日に平均800語の語彙を使って生活しているといわれています。GrapeSEEDは膨大なサンプルを調査・解析し、子どもが日常で使う語彙を採用しています。CDやDVDで、よく使う英語表現、英単語に繰り返し触れ、教室で英語ベースで様々な体験をして、基礎的な言葉を使いこなす能力が養われ、英語を話せるようになっていきます。

「話す英語」で終わらない、総合的な英語力の獲得

GrapeSEEDのレッスン教材

「聞いて」「話せる」ようになってきたら、文字を音にして「読む」練習、音を文字にして「書く」練習をして、英語の読み書き能力をスムーズに伸ばします。GrapeSEEDは、「聞く」「読む」「話す」「書く」の総合的な英語力を育てます。

こんなに英語が話せるようになりました

「GrapeSEED 」と「多聴多読」で英語を学習してきた子どもたちが先生と話している様子です。海外経験がなくても、日本でしっかりと英語に触れ続ける環境があれば、子どもたちは英語を話せるようになります。日本でもバイリンガル教育は可能なのです。

無料体験レッスン・見学などは、お気軽にお問い合わせください。03-3323-2224火〜金 13:00〜19:00 / 土 11:00〜15:00 [ 日・月・祝を除く ]

お問い合わせ