嫌いだった英語が少しずつ好きに

「 How are you? 」 初めてのアークのレッスンで先生にこう話しかけられた時、英語に対する自信がなかった私は 「I’m  good! 」と言うのさえ、躊躇っていました。学校では主に文法を習いますが、実際にどのように話すのかと言われるとわからないために、言いたいことが表現できずに嫌になってしまう。これが私の英語の苦手意識の理由だったと思います。

最初は正直、アークに通うことにあまり乗り気ではなかったのですが、通っているうちに自分でも分かるほど英語力がついていったのが嬉しくて、嫌いだった英語が少しずつ好きになっていきました。自分自身でもこんなに英語が話せるようになるとは思いもしませんでしたが、アークで身につけられる活きた英語はかけがえのないものです。

アークの先生方は生徒の間違いを否定せずに良い方向へ直すため、失敗を恐れてばかりの私でも、何度もチャレンジして褒められるように頑張ろうと思うことが出来ました。また、アークでの和訳しない英語教育はとても素晴らしいと思います。大体のイメージでひとつひとつのワードを覚えるようになるため、自分で話す時文を書く時に語彙力が豊かなものをつくることが出来ると実感します。

最近はふとニュースで流れてくる英語も理解出来るなど、英語の楽しさに魅了されています。これからもアークで自分の世界を広げていきたいと思っています。

Communication&多読クラス/高1 R.Mさん

お母様より

アークイングリッシュとの出会いはママ友からの紹介でした。

中学校入学後、周囲のすでに英語が得意なお友達や帰国生たちの中で英語の苦手意識が強くなってきているなと感じたので、なんとかしなければと飛び込みました。

英会話教室や英語塾はいわゆる学習塾と違い、先生とのコミュニケーションが必須になるので、スクールの雰囲気がとても重要です。その点馴染みやすいアットホームな雰囲気や面倒見の良い先生方のおかげで、人見知りで英語が苦手だった娘も今では英語が好きな教科、更には得意な教科となりました。
また自粛期間中も早い段階でzoom授業を取り入れてくださり、負担なくリスクなく活きた英語に触れ続けられた事もとても良かったと思っています。最善の策をいつも提案してくださる先生方に感謝しています。

今後も先生方のサポートのもと次は英検準1級を目指しながら英語力向上に努めてほしいです。

Communication&多読クラス/高1 R.Mさんのお母様